• HOME
  • 山びこ学園

施設紹介

山びこ学園

山びこ学園

下川町立障がい者支援施設
illust-yamabiko

山びこ学園は、昭和61年4月に開所した町立の精神疾患者のための施設をリニューアルして、平成2年4月にスタートしました。現在、入所定員50名で「日中支援(生活介護事業)と夜間支援(施設入所支援事業)の二つの事業でサービスを展開しています。基本理念「共に学び 共に感じ 共に育ち合う(共に生きる)」ノーマライゼーションとは普通の生活をするという考え方を実現するものです。「すべての人が、その人らしく平等に生活する」アットホームな雰囲気と暖かい笑顔で関わります。利用者個々のニーズ等に合わせ、行き届いた支援を行うために、活動・生活・地域派遣(実習)の支援担当による統一した支援を基本として、利用者の意見を尊重し、余暇サービスの充実も図り、心身共に健康で、心ゆたかな生活を基本とした支援サービスを目指しております。また、「自己決定・自己選択」を基本に地域移行へ向けた支援・家庭的な環境サービス等を目指しながら展開をしています。

生活の流れ(日課)

時  間

項  目

生活状況

6:30

起床
検温
掃除

個人の生活リズムや健康状態に合わせて起きます。体調確認(血圧測定など)廊下等共用箇所の清掃

7:45

朝食

食堂とデイルームへ分かれて食事をします。食後帰寮し歯磨き等します。

8:30

朝礼

朝礼後HRにて予定を確認。

9:30~11:30

活動

生産活動・創作的活動へ分かれます。

11:50

昼食

食堂とデイルームへ分かれて食事をします。

13:15~16:00

活動

午前同様、分かれて活動します。15:00頃から入浴 月・水・金~女性
火・木・日~男性

17:30

夕食

食堂とデイルームへ分かれて食事をします。

18:30

余暇
就寝

フリータイム,HR,翌日に影響しない時間に。

利用者個々のニーズ等に合わせ、行き届いた支援を行うために、活動・生活・地域派遣(実習)の支援担当による統一した支援を基本として、利用者の意見を尊重し、余暇サービスの充実も図り、心身共に健康で、心ゆたかな生活を基本とした支援サービスを目指しております。 また、「自己決定・自己選択」を基本に地域移行へ向けた支援・家庭的な環境サービス等を目指しながら展開をしています。

学園行事予定

4月

レジャータイム
レジャータイム

5月

下川商業高校との交流会

6月

家族の会
職員合同環境整備&焼肉昼食会
下川町福祉運動会

7月

道内旅行
ふれあい広場参加

8月

夏季帰省
リフッレッシュ昼食会
下川うどん祭り参加

10月

旭川スポーツ交流会参加
学園祭

12月

Xmas&忘年会
冬季帰省

1月

新年会

2月

下川アイスキャンドルミュージアム参加

3月

活動納会
職員体制
園長正職1名
事務主幹正職1名
サービス管理責任者正職1名
管理栄養士正職1名
介助員正職1名
准看護師正職1名
生活支援員正職16名、嘱託2名、非常勤1名
公務補非常勤1名
調理員正職1名、嘱託1名、非常勤3名

下川町立障がい者グループホーム うぃる

グループホーム 「うぃる」は平成14年12月、一の橋市街地に開設しました。居住定員5名(共同生活援助事業)で、日中は各職場に仕事へ行きます。共同生活住居において、世話人が食事提供などを行う形態のサービスです。*世話人が同居の支援体制

職員体制
管理者兼務1名
サービス管理責任者兼務1名
世話人嘱託1名
生活支援員山びこ学園と兼務1名
生活支援員非常勤1名